[beteer] 申告が完了するまで税理士がサポートする日本で唯一のサービス!

この記事は以下に当てはまる人に書いています。

  • beteerの評判を知りたい!
  • beteerで相続税の申告書を作成するメリットを知りたい
  • beteerの利用方法を教えてほしい!



 

 

beteer相続ってどのようなサポート?

相続税の申告をするには多くの専門知識が必要不可欠ですよね。
では税理士を雇うと思うと税理士報酬が高いのがネック。
だから申告書を作成して節税しよう!
でも自分ひとりだと間違ってしまうかも……。

 

という不安がありますよね。

 

そこで、
自分で行う相続税申告を税理士サポートのもと完結させられるWebサービス。
【better相続】の評判とサービス内容
そしてはじめての利用方法をご説明します!

 

beteer相続の評判

公式サイト

最初は税理士さんに相談をしたのですが、見積もりが高かくなり、手持ちのお金もあまり無かったので、お願いするかを悩んでいました。そこで、betterさんにお願いしたところ、本当に使いやすくこれだけで申告が完了してしまいました。最初は、価格が安すぎるため不安だったのですが、むしろ、提携の税理士さんのサポートが驚くほど丁寧で、安心して進めることができました。知り合いに相続が発生した時は是非紹介したいです。

東京都40代女性 専業主婦

本と無料の申告サービスを使って申告をしようとしたのですが、想像よりも法律が複雑で間違わずにできるのかが不安でした。そんな時、better相続申告サービスを知りました。分からないところはすべて税理士さんに相談しながら、本当に簡単に申告書が作成できました。しかも、税理士さんのご提案で特例を適用することができ、税額を大幅に下げることもできました。better相続を利用して本当に良かったです。

東京都50代男性 自営業

Twitter

 

beteer相続評判は概ね好評なようです!


 

beteer相続で相続税の申告をするメリット

beteer相続のサービスを利用すると、以下のことが可能となります!

★自らが申告して税理士報酬をカット
・システム内で相続財産を洗い出し(相続財産の網羅性)
・申告書と一緒に税務署に提出が必要な資料が提示される
・システム内で相続税申告書をPDFで作ることが出来る
・申告書は税理士が判断するのでホッとして申告可能
★申告書を税務署に見せるまで税理士に相談無制限
・申告が完結しなかった場合は全額返金保証
★節税提案、2次相続対策、終活相談が無料

このように数々の利点があります。
特に申告前に税理士に聞き放題な点と
節税提案、2次相続対策、終活コンサルティングまでしてくれるというのが助かりますよね♪

 

 

デメリットと言ったら【有料】という点ですかね。

 

ただ、完全に自分で申告するとなると、
本やソフトを買う必要もありますし、
あれこれと自分で調べる時間が必要です。
しかも、わからない点が出ても自分の知識や検索能力に依存するため、
疑問が解決しない場合があります
しかも、申告書をできたとしても、
素人だと申告漏れが発生するケースが何個もおきます。

 

一方、一般的な税理士に委託した場合は
平均で50〜150万ほどかかってしまいます。

 

会社員なら2〜4ヶ月分のお給料が
一気にふっとんでしまいますよね。
その点「better相続」なら完全定額69,000円で完結します!

 

さらに税理士だと所要時間が平均3〜4ヶ月ほど掛かってしまいます。
それに比べ、「beteer相続」なら平均して3日〜1か月で終わるのでスピ―ディに対処出来ます。

 

つまり、「beteer相続」は税理士相談と費用を最小限に抑えられる
良い所取りのサポートというわけです!

 


「beteer相続」の利用法

そもそも自分が「beteer相続」にあっているかどうかもはっきりしていませんよね。
でもご安心ください。
自分が「beteer相続」でサービスを受けた方がいいか診断ができます!

 

まずは下記リンクをアクセスしてください。

すると、サイトの真ん中あたりまで下にいったところで
自分に合った申告方法を診断する
というものがあります。

 

そこで診断をしてみてください。
診断結果をよく読んだうえでbeteerで申告するか判断してください。

 

「beteer相続」で申告をしようと思ったら

下記リンクをクリックするとお申込みはコチラと書いてあるところがでます。
そこが出てきたらそれをクリックし、
以降はレクチャーに従って必要な事を打ち込んでいけば良いのです!

 

(下記リンク↓↓)

 

ちなみにやってる間に分からないところはすっ飛ばしても問題ないです。
のちのち書き込みが出来ます。
重ねて、税理士でチャットで問合せもできます。
(電話でも相談ができるので安心して大丈夫です)

 

詳しくは「2分」でわかるbetter相続での申告という動画がサイト内にあるので、
それも参照してみて下さい。

 



 

そうは言っても心配・「beteer相続」を活用しようか考え込んでしまう

そうはいっても使おうか選考しかねていたり、
ちょっと複雑な事例をかかえている人はサービスを受けれるか不安なユーザーもいらっしゃることでしょう。

 

でも気を揉まないで下さい。

 

「事前相談」ができるような仕組みになっています!

 

サイトの一番下にお問合わせが備わっているので
そこで事前に心配なことがあればここで伺ってみましょう。

 

「beteer相続」安心への取り組み

相続税専門税理士法人である「税理士法人better」が監修しています。
相続のエキスパートが監修していますから、
一安心して利用ができます。

 

さらに情報交換は全部暗号化され、セーフティーな経由でとり行われています。
また、連絡簿やパスワードなどのプライバシーはすべて暗号化され、
厳重な管理・運用体制のもとで守られているのでセキュリティー面も確かです。

 



「beteer相続」総まとめ

  • 「beteer相続」は税理士の相談と費用を最小限で抑えれるサービス!
  • 評判は良好!
  • わからない内容は申告まで何度でも専門家に聞ける!
  • 節税提案や2次相続対策、終活コンサルティングを受けることも可能!

 

相続税申告は一生の間に多い人でも数回しか経験しない出来事です。
しかし、相続税の申告をするためには多種多様な専門知識が必要となります。

 

ですが「better相続」なら申告書を税務署に提出するまでの間、税理士に相談し放題です。
さらに税理士報酬を抑えつつ、
節税提案や2次相続対策、終活コンサルティングを受けることも可能です。
相続税申告書に悩みを抱くより、
プロフェッショナルの完璧なフォローのもと
相続性申告書を楽に片付けられる「better相続」の活用を心からお勧めいたします!

相続税の税務調査リスク

税理士に特に相談しないまま、
自分一人で相続税を申告すると面倒なことが往々にして起こります。
「平成30事務年度における相続税の調査等の状況」よると、
なんと86%の人が86%が追徴課税等の不利益を被っています!

 

お金を収めたとおもったらまだ払うと思うと精神的なダメージが計り知れないです。
したがって、まだ来ぬ先起きるだろうリスキーを止めるためにも、
「better相続」でプロであるサポートのもと、申告書を作製した方が遙かにうまくいくと思います。



 

注意!サービスを受けられない人

次のケースだと当サービスをご活用いただけないのでお気をつけ下さい!

 

「公式サイトより引用」

・相続財産の中に海外にある財産が含まれている場合
(FXなどの外国通貨や国内の証券会社を通じて購入している株式や債権等は、問題ありません。)
・相続財産の中に非上場株式が含まれている場合
・相続税の納税猶予、物納及び延納を行う予定の方
・修正申告書の作成
・過去に、未成年者控除、障害者控除を適用したことがある場合

 

サービス対象外かどうかが分からない場合には、お気軽にお問い合わせください。

 

【対応外帳票一覧】
・納税義務等の承継に係る明細書(兼相続人の代表者指定届出書)
・受益者等が存しない信託等に係る相続税額の計算明細書
・人格のない社団等又は持分の定めのない法人に課される相続税額の計算明細書
・特定一般社団法人等に課される相続税額の計算明細書(別表含む)
・財産を取得した人のうちに農業相続人がいる場合の各人の算出税額の計算書
・外国税額控除額・農地等納税猶予税額の計算書
・株式等納税猶予税額の計算書(付表含む)
・特例株式等納税猶予税額の計算書(付表含む)
・山林納税猶予税額の計算書(付表含む)
・医療法人持分納税猶予税額、税額控除額の計算書(付表含む)
・美術品納税猶予税額の計算書(付表含む)
・事業用資産納税猶予税額の計算書(付表含む)
・納税猶予税額等の調整計算書
・納税猶予税額の内訳書
・特定事業用資産等についての課税価格の計算明細書
・特定受贈同族会社株式等である選択特定事業用資産についての課税価格の計算明細
・特定受贈同族会社株式等について会社分割等があった場合の特例の対象となる価額等の計算明細
・特定森林経営計画対象山林又は特定受贈森林経営計画対象山林である選択特定計画山林についての課税価格の計算明細
・個人の事業用資産の贈与者が死亡した場合の相続税の課税の特例の適用に係る特例受贈事業用資産の明細書
・農地等についての納税猶予の適用を受ける特例農地等の明細書



 

知っておいて損はない相続税の「計算の仕組み」

 

 相続税は計算方法が少しだけ複雑です。ここで基本的な仕組みをざっくりと説明しておきましょう。

 

 相続税について考えるときは、まず遺産全体の額を計算します。預貯金、証券、不動産など、原則として金目のもの≠ヘすべてです。

 

読んでいて疲れてしまった場合は下記リンクから相談してもらった方が速いです。

 

 遺産全体の額によって、相続税がかかるかどうかが決まります。遺産全体の額が、基礎控除の額(法定相続人×600万円+3000万円)を超えていれば、相続税がかかる可能性がありますし、超えていなければかからないということになります。

 

 つまりは、ここで、課税の可否判断をするわけです。

 

 そして、もし課税となった場合には、遺産全体の額から基礎控除を差し引きます。その後、他の控除を差し引き、その残額が、「課税対象となる相続財産」ということになります。

 

 ただし、相続税というのは、この「課税対象となる相続財産」にそのまま税率をかけて計算するわけではありません。前項でも述べたように、相続税は、遺産をもらった各人それぞれに、もらった額に応じて課されるものです。

 

 そのため、「課税対象となる相続財産」を各人の遺産の分配割合に応じて振り分けます。この各人に振り分けられた「課税対象となる相続財産」に対して、その金額に応じた税率を掛けたものが、各人の相続税額ということになります。

 

 

■ 相続税の計算の仕組み

遺産全体から基礎控除を差し引いて、その後、様々な控除を差し引き、課税対象となる遺産の額を算出する

 

課税対象遺産額を、遺族の各人の遺産分配割合に応じて配分する

 

各人に配分された課税対象遺産額に対応する税率を掛けて、相続税額を算出する

 

その相続税額を納付する

 

「死亡から申告まで」の流れを押さえよう

 

 相続税は、誰かが一定以上の資産(基礎控除額を超える)を残して死亡した場合に、申告の義務が生じます。

 

 申告をする人は、その資産を相続した人もしくはその資産の分配に携わった人です。

 

 そして申告の期限は、死亡がわかった日の翌日から10カ月以内ということになっています。

 

 たとえば、平成29年1月1日に死亡したことがわかった場合は、平成29年11月1日が申告期限となります。もしその日が土・日・祝日だった場合は、その日から一番近い次の平日が申告期限となります。

 

 なぜ「死亡した日」ではなく、「死亡がわかった日」なのかというと、一人暮らしの老人などの場合、親族が死亡したことを知るのは、死亡した日のずっと後だったりするからです。また、行方不明になった人などは、死亡した日がわからない場合もあります。そのため、遺族が「死亡したことがわかった日」を基準にしているのです。

 

 申告をするまでに10カ月も期間が空いているのは、相続税の場合は、財産分与などに時間がかかるからです。財産分与などを決めないと税額が決まらないので、財産分与が確定するまでは申告ができないわけです。また相続税の納付期限は申告期限と同じ日です。

 

 被相続人(基礎控除額を超える資産を残して死亡した人)が死亡してから、申告までの大まかな流れは次のようになります。

 

被相続人(基礎控除額を超える資産を有していた人)が死亡

 

相続人(法定相続人、親族など)が被相続人の死亡を知る

 

相続人の間で話し合い、遺産の分与を決める

 

相続人が被相続人の死亡を知った翌日から10カ月以内に相続税の申告をする

 

申告期限内に納税も完了する